健康であればこそ

健康であることが大切。

未分類

p53誘導体DBグルコースの作用の仕方と効果

2017/06/30

ご家族、お友達、ご自身が「がん」と闘っている方はいらっしゃいませんか?

2015年開催された第74回日本癌学会学術総会において有用性が発表された補完医療の【p53誘導体DBグルコース】をご存じですか?驚きですよ!!

 

こちらは、【p53誘導体DBグルコース】を詳しく説明したシンゲンメディカル株式会社の公式の動画です。

この動画を見ると、とってもわかりやすいのですが

動画を開けない方、短時間で知りたい方のために動画の内容を簡単に文章で説明します。

 

がん細胞は、多くの栄養を必要とするために

正常な細胞に比べて約3~8倍のグルコース(栄養)を必要とします。

体内に入ったグルコース(栄養)は正常細胞より早くがん細胞に呼び寄せられ

エネルギーにして細胞分裂を繰り返し、増殖します。

がん精密検査PETは、疑似グルコースを体内に入れ、がん細胞に集まる特性を利用してがん細胞を発見する精密検査です。

これをヒントにして、p53誘導体DBグルコース】は体には無害な特殊加工しているもので口から摂取して効率的にがん細胞に届けます。

多くの免疫活性食品とは全く違い、単糖体なので口から吸収されやすく、

速やかにがん細胞に届き、直接がん細胞に作用するのが最大の特徴。

1日3gを口から摂取したものが、胃→小腸→大腸と分子構造を壊さず進み、小腸で腸管や腸壁から血管に入り、がん細胞に呼び寄せられます。

【DBグルコース】をエサ(グルコース)と勘違いして食べ続けても栄養とならずに、

4~12週間でエネルギー源がなく、分裂できずに徐々に縮小していきます。

 

マウスでの抗腫瘍試験で(動画でしっかり結果が見ることが出来て一目瞭然です)

W14がん細胞を移植したマウスに対し、一方は水道水、もう一方は【p53誘導体DBグルコース】を自然飲水させ

 

4週間後の結果は、水道水マウスに比べて【p53誘導体DBグルコース】マウスは100%のがん細胞の成長阻害率になりました。

このマウスでの抗腫瘍試験は第三機関でもしていて、同じ検査結果となっています。

(ここまでが動画の説明です)

 

 

マウスだけではなく、

実際に利用者の54歳の男性の方の症例報告です。

 

胃の違和感が7か月前よりあり、体のだるさ、1か月前より微熱と吐き気・嘔吐・ひどい疲労感があり、

腹部エコー、CT検査、胃カメラの検査の結果

CT1 ikamera1

胃がん・肝臓転移・リンパ節転移・・・・ステージ4と診断。 

 

突然の末期がんと宣告され、最初は頭がまっしろになり考えられなくなった。

家族や同僚の励ましで落ち着きを取り戻し、

さまざまな情報をもとに完治できる方法はないかと考えはじめて、

食事療法をはじめ、五大栄養素(高植物性たんぱく質・ビタミン・ミネラル等)を摂取し、

免疫力や抵抗力を常に高めておく事も重要だと知り、栄養補助食品も摂るようにした。

 

ただ自分の中で、食事療法と化学療法だけでは現在の末期がんから進行を抑えるだけで、

治癒する可能性がかなり低いと思い化学療法と併用してがんと闘う覚悟や根拠になるものはないかと必死で調べて、

妹の情報で「フコイダン」を知った。

すぐに試して、飲みやすく続けられそうだったので、1日3パックで6か月間飲んでみました。

ct2 IKAMERA2

検査の結果、ほとんどガンがなくなっていました。驚異的な結果に驚きました。

 

その後、1日2パックに変更を3か月。化学療法は、第7クールを終了したところで休薬。

診断結果、CT画像上の肝臓転移・リンパ節転移の異常陰影はすべて消失しており

胃カメラの検査からも悪性の細胞は検出されませんでした。

 

今は、1日1パックに変更して経過観察中です。

以上の結果より化学療法と「フコイダン」の併用治療は、末期がんにも、かなり効果があることがわかりました。

フコイダンには、いろいろな面でサポートしてもらいとても感謝しています。

また、飲用されている方の効果や経過報告でどれだけ勇気づけられたかわかりません。本当にありがとうございます。

                                                                                                                                                                                                                         

 

マウスだけではなく、化学療法と併用の【p53誘導体DBグルコース】の摂取によって、がん細胞の進行を阻害していることがわかりますね。

ガンの進行を抑制するといわれているp53誘導体】ですが、もちろん個人差が出ると思います。

もしかしたら、効果の出ない方もいるかもしれません。

それでも、私は、亡くなった叔母に試して欲しかったと悔しい気持ちでいっぱいです。

一人でも多くの方が日常のなにげない幸せを感じれる日々を暮らせますように願っています。

 

実感お試しセットには 本商品購入時に使えるクーポンコードが付いていますので実質無料になります。

フコイダンの中でも全分子フコイダンが選ばれる理由をお伝えしています。

 

-未分類