健康であればこそ

健康であることが大切。

未分類

p53誘導体全分子フコイダンエキスが抗がん剤副作用を軽減!

p53誘導体 全分子フコイダンエキスが選ばれる理由はたくさんありますが、その中のひとつ、抗がん剤副作用を軽減すると言われています。今回は抗がん剤副作用軽減に注目してみたいと思います。

 

p53誘導体 全分子フコイダンエキスの作用は

 ・がん細胞正常形態復帰

 ・アポトーシス誘導作用

 ・血管新生抑制作用

 ・異物抗原提示増強作用

 ・免疫賦活性作用

 ・抗がん剤副作用軽減と相乗効果

とありますが、今回は抗がん剤副作用軽減と相乗効果注目します。

 

 その他の全分子フコイダンエキスが選ばれる理由は、こちらからご覧ください。↓

    ・フコイダンの中でも全分子フコイダンが選ばれる理由と口コミ

 



 

p53誘導体 全分子フコイダンは、

ヒバマタ海藻と沖縄モズクを原材料にシンゲンメディカルが独自の製法で抽出に成功したフコイダン成分です。

p5355

 

 

全分子フコイダンとは?

p5357

分子の大きさが 大きいサイズ、小さいサイズ、とっても小さいサイズとすべてのサイズが入っているのです。

それによって、サイズごとに長所、短所がありましたが うまく補えるようになっています。

 

全分子フコイダンの詳細はこちらをご覧ください↓

・フコイダンの中でも全分子フコイダンが選ばれる理由と口コミ

 

 

がん補完医療への研究は

p5356

1992年

現シンゲンメディカル札幌医薬研究所 所長 高橋延昭によるフコイダンの作用の解明と学会への発表からスタートして、

その後14年にもわたる様々な研究を経て2006年にはじめてフコイダン成分の製品化に成功

それから、10年連続の日本癌学会学術総会で発表をしています。

 

抗がん剤副作用軽減と相乗効果

抗がん剤はガン細胞を攻撃するだけでなく

無差別に健康な細胞にも攻撃するため、副作用を起こしてしまいます。

ガン細胞にダメージを与えるには仕方ないことですが、仕方ないとは言え、副作用を起こしてしまうのは

とてもツライですよね。

フコイダンには副作用を和らげるという報告が、頻繁に各研究機関や医師よりされていて

 2007年日本癌学会学術総会で高橋延昭所長による報告で、初めてメカニズムが科学的に明らかになりました。

海藻は本来、外部からの攻撃から守るための防御能力があり
ミネラル環境を整えられたフコイダンはこの防御能力により、抗がん剤の健康な細胞への攻撃を軽減して逆にガン細胞への攻撃を加算的に増大させます。 すごいです!

 

このような臨床試験結果が出ています。

 

マウスにW14胆ガンを移植をして

一方には水道水、もう一方にはp53誘導体 全分子フコイダン水を与えました。

 

再現性実験及びマウス体重の径時変化

p5359

p5358

この臨床試験結果から

p53誘導体全分子フコイダンを与えたマウスに共通して食欲増進による体重増加の傾向がみられます。

食欲が出ること、口から食事が出来ることは、本当にうれしいことですよね。

 

そのシンゲンメディカルさんのp53誘導体全分子フコイダンは、3種類です。

P53 38 P53 39 P53 40

 

詳しくはこちらから↓

もしかしたら、効果の出ない方もいらっしゃるかもしれません。

それでも、私は亡くなった叔母に試して欲しかったと悔しい気持ちでいっぱいです。

ひとりでも多くの方に

なにげない日常の幸せが一日でも早く訪れることを祈っています。

-未分類